鬱の症状と患者への接し方【うつ病は心の病】

特徴が異なる3つの原因

女性

主にうつ病の原因には、自助努力で改善できる内的要因と、自助努力では改善できない外的要因、そして親から受け継いだ遺伝的要因の3種類があります。また、第1選択薬として選ばれることがあるSNRIは、不安を解消してヤル気も高めてくれる抗うつ剤です。

詳しく見る

受診者数は増えている

カウンセリング

医療機関でうつ病を治療するメリットは、抗うつ剤で脳内環境を整えられることと、精神療法によって気持ちの持ち様が変わる可能性があるなどです。ただ、薬の副作用が強い場合もあるので、自分に合う種類を見つけることが大切です。

詳しく見る

専門的な治療を

看護師

うつ病の疑いがあるときは、早期に受診して専門的な治療を受ける必要があります。しかし、近年は内科医や総合医などのかかりつけ医でも軽症であれば抗うつ剤を処方できることもあるため、精神科への受診を躊躇っている人はまず相談してみることが大事です。

詳しく見る

精神病の診断方法

ハート

うつの問題は病院に行けば調べられますが最初は体の調子をチェックして、それから精神状態の検査を行います。利用する病院を選ぶときは口コミ情報が参考になるので、自分に合っている所か確認しておくと失敗しません。

詳しく見る

こころの病を知る大切さ

医者

治療方法や関わり方

うつ病は心の病と言われていますが、治療方法としては心理療法以外に薬物療法が用いられています。脳の伝達物質が不足している事が原因である事も解明してきており、不足している物質を補う治療方法として抗うつ剤が使用されています。以前は依存性があるため不安視されていましたが、研究が進み副作用を取り除いた種類も開発されてきました。適切に使用する事で硬貨が大きいメリットがあります。処方される薬剤にはモノアミンという脳内の伝達物質を増やす作用が認められており、病の改善が証明されています。モノアミンは神経細胞間をつないだり橋渡ししたりする物質であり、不足する事で辛い症状がでます。モノアミンを増やしてバランスを調整する事で、うつ病の症状を緩和する事ができます。症状と関連性が高い神経伝達物質として3つのものがあります。セロトニンという緊張や焦燥・不安に関係するものと、ドーパミンと言う興味や楽しみに関連するもの、そしてノルアドレナリンと言う意欲に関連する物質です。これらのモノアミンを抗うつ剤は分泌されたものの再吸収を阻害する事や、増やす作用により増加させていきます。抗うつ剤は状態によって種類を使い分けていきますが、効果があるなしは少量から試しながら見つけていく事が主流になっています。その為、この症状にはこの薬といった単純に処方薬が決まる事はありません。うつ病は現代病とも言われ、実際に病院に掛かっていなくて診断されていない人も含めると相当数いる事になるので、自身の身近にもいる可能性は高いです。その病がある方に接する際に、元気づける事は禁止などが良く知られていますが実際はそう単純なものではありません。禁句を言う事でその人の一生を左右する可能性もある事から、接し方を知っておく事は大変重要な事になります。うつ病の方と接する際には前提としてその病を受け入れる事から始まります。個人差も大きいのですが、往々にして抱えている方は現状に罪悪感も覚えています。他者から見ると覇気がなかったり怠けていたりする様に見えるのですが、そういった事が起こる病である事を理解する事が大切です。周囲の方も心配やその現状を打開したいが為につらく当たる事もあります。追い立てる口調は追い詰める事になりますので、非難する言動や行動ではなく受け入れている態度で接する事が重要です。ネガティブな感情に苛まれている状態なので、否定的な返しは悪化を招きます。こちらが話すのではなく聞き役に徹し、肯定する事が接し方の基本になります。激しい環境の変化は避けるべきですが、閉じこもりはもっと気分を沈めてしまいますので、外出を一緒にする事もリフレッシュには適しています。その場合も、長距離ではなく短時間の近隣散歩でも大きな効果があると言われています。うつ病の人と接する場合は以上の様な点が基本と言えます。

Copyright© 2018 鬱の症状と患者への接し方【うつ病は心の病】 All Rights Reserved.